2011年05月02日

ワイルドワン紹介 その2

タミヤ「ワイルドワン」 (Tamiya Wild One) 1985年09月発売 13800円
wildone001 wildone002
以前の黄色い個体は生活苦により手放してしまったので、また作ってみました。
これも4000円くらいで入手したジャンクからレストアしています。
とにかくレトロでリアルな感じにしたくていろいろ拘ってます。
赤いナイロンパーツは黒に染めたり、ネジ類は目立たないように黒のヘックスナベビスに交換したり。

メインシャーシは染めQ+ベースコートです。
なかなかきれいになるもんです。
でもボディとかなり違う色になってしまったので苦し紛れにオレンジのポリカカラーとか吹いてますがまぁ定着するもんですな…そのうち剥がれるかもしれんけど(ヽ´Д`)

wildone004 wildone005
ダンパーも細いものが良かったので、タムギアのエアレーションダンパーにしてみました。
タムギアダンパーは2.6mmビスでの固定なのでポリカ板などをネジに巻きつけたりして無理やり付けてます。

しかしリヤのバネがやわらかすぎたのでF201のものを入れてます…がコレはちょっと硬すぎたかも。
ちょうどいいのはやはりワイルドワンノーマルのダンパーかもしれませんね(ヽ´Д`)

wildone006
おしゃれポイント。当時モノのバギーチャンプか何か用のアンテナにカラーデカールを三角に切ったものをはっつけてます。
走らせるとビヨンビヨンとたわんでなかなかリアルで良いです。

wildone003
あと無駄にステクランクなど入れてみたり…
ノーマルはサーボ直付けな上に左右不均等だしキャンバー変化もでかいんですよね。
…まぁ走りがどうこういう車ではないんで自己満足ですけど!  

Posted by angelphobia at 03:27Comments(10)TrackBack(0)clip!

2009年04月10日

ワイルドワン紹介

ワイルドワン001ワイルドワン002
長いことほったらかしていたワイルドワンをレストアしました。

色々な箇所に割れ欠け等が多くずいぶんヘタれてたんですけど、ワイルドワンはジャンクでも最近値上がりしちゃって部品取りすらままならないので、プラリペアなどで補修してなんとかしました。

ボディの塗装をはがして再塗装したり、赤いパーツを煮込んで黒に染めたり、前輪はなんとかなったけどリヤタイヤがなかったので中古のボロボロのタイヤ(オプティマ用?)を補修して使うことにしたり・・・まぁいじってるのは見た目だけで中身はほとんどノーマルです(^^;)
せいぜい復刻フロッグ用のユニバを入れたぐらいですかね。

ボディのサイドが欠けていてきっちり固定できないのでそこだけなんとかしてやらねばというところ。

ワイルドワン003
ちなみにレストア前はこんな。
  
Posted by angelphobia at 01:24Comments(0)TrackBack(0)clip!