2008年03月05日

ホーネット(スティンガー)紹介

タミヤ「ホーネット」 (Tamiya Hornet) 1984年10月発売 9800円
タミヤ「ホーネット 再販版」 (Tamiya Hornet) 2005年05月 9800円
ホーネットスティンガー001ホーネットスティンガー002
ボディは長いこと温存していたPARMA社の「STINGER」などを奢ってみました。カット失敗した・・・

ホーネットシャーシの駆動機構を変えずにどこまで走れるシャーシが作れるか?を課題として究極のスイングアーム&ローリングリジッド車を作ってみる遊びです(笑)
グラホorホーネットの四独化は当然すばらしい改造方法なんですが、偉大な先人の後ろをついていくばかりではマッドチューン道は切り開けません。
そこで今回やってみようと思ったのがこのスイングアーム&ローリングリジッドを保持したままの改造というわけです。

さすがにノーマルのリヤは作動範囲が狭すぎるため、捌ききれないロールで簡単に横滑りします。しかも重量物のモーターがミッドシップレイアウトなために荷重が車体中央に集中し、リヤのトラクションを減らす一因にもなっています。
そこでリジッドといえば昨今人気の高いクローリング。そこでは一般的な機構でもある4リンクをホーネットに採用してみます。

ホーネットスティンガー004
ギヤボックス側のマウントパーツを自作して、色々悩んだ末にこういう感じになりました。
モノショックなのは単にかっこいいかなーと思いまして(ぉ)

ホーネットスティンガー003ホーネットスティンガー005
ちなみにバッテリーもリヤ寄りにするためにメインシャーシをFRPで自作。もはや別物に・・・(笑)
裏側から見てもらえればどういうカットをしたかわかるかと。

走らせた感じではかなりホーネットらしからぬ安定性でした。が、まだ完全とは言いがたいので次はフロントにも手を入れていこうかと。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angelphobia/50869230
この記事へのコメント
5
こんにちは

初見です。

ホーネットについて調べていたらたどり着きました。

かっこいいですね!
一目ぼれです!

純正も好きですがこのボディもイカしてますね!

ちなみにこのボディ、どこでゲットしましたか?
販売していますか?

気になります!

Posted by 未知マン at 2014年08月13日 20:20
5
何度もすいませんが、Fサスは何を使っておりますか?
Posted by 未知マン at 2014年08月13日 20:28
>未知マンさん
返事が遅れてすみません!
このボディはパーマ社が30年前に販売していたもので、残念ながら現在は手に入りません。

FサスはヨコモのYR-4のオプション品です。
小さくて見た目はいいですがまるで効かないです(笑)
Posted by しも at 2014年08月21日 01:05