2008年02月05日

ホーネット紹介

タミヤ「ホーネット」 (Tamiya Hornet) 1984年10月発売 9800円
タミヤ「ホーネット 再販版」 (Tamiya Hornet) 2005年05月 9800円
ホーネット001
ぼくらが小学生のときはみんなホーネット持ってましたね(もしくはグラスホッパー)。
低く抑えた価格設定ゆえに、この頃のRCでは異例のトップセラーだったようです。

そしてこの簡素なFスイングアーム、Rローリングリジッドの前後サスは後発のおもちゃRC(笑)に散々影響を与えました。
コストを抑えてそこそこ遊べるぐらいの機構としては革命的な設計だったのでしょう。

そんなホーネットもめでたく2005年に再販されました。
ESC専用となって機械式スピコンが廃止になったのと版権のデカール以外はほぼ変化無しで懐かしい気分に浸れました。
とりあえず2台ほど買いましたのでガッツリ改造してやろうと思ってますがなにしろレストア待ちの車両等おおすぎるのでちょっと保留中です。
いずれ紹介します。

写真は再販前に手に入れたオリジナルホーネット。
ユージのスタビとサイドガードを装備してます(現在は3P支持のものに変更しました)。
それにしてもファルコンタイヤが似合います(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angelphobia/50843589