2008年01月10日

オプティマ紹介

京商「オプティマ」 (Kyosho Optima) 1985年09月発売 21800円
オプティマ001オプティマ002
当時のレースシーンを席捲したピュアレーサー、京商のオプティマです。

前後アッパーリンク、四輪独立懸架&オイルダンパー、アルミラダーフレームにチェーンドライブ&前後デフギヤ。
足の長さも当時としては異例で、20数年前に横幅が240mmもあったりしてて驚きです。

RRなのでFデフとチェーンを抜いて二駆としてレースに参加している方もいたようです。
アルティマはその流れで開発されたと聞きます。

ボディデザインは現在HPIにて活躍されている粉川章氏。
20年以上経ってもすばらしい美しさです。

限定バージョンとして「ゴールドオプティマ」と言うものが存在します(これは通称で正式には限定版のシールが貼ってあっただけデス)。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angelphobia/50814032