2008年01月10日

インターセプター紹介

バンダイ「インターセプター」 (Bandai Intercepter) 1985年12月発売 19800円
インターセプター001インターセプター002
知る人ぞ知るバンダイのインターセプターです。
ぶっちゃけトイラジの部類なんですけども(笑)、当時は1/10サイズのトイラジがいくつか販売されていたんです。しかも540モーターなので改造すれば他の車と競り合えるかもしれません。
まぁしかし色々まずい箇所もあるんで気長にいじりましょうか(^^;)

インターセプター003インターセプター005
その最大の特徴ともいえるインボードサス。
四駆でインボードサスってなにげに少ないんですよね。
ダンパーはフリクションでさらにプッシュロッドはプラという貧弱さですが(笑)なかなかかっこよいです。

インターセプター004
モーターはリヤ寄りミッドシップです。しかもセンター縦置き!さらに高位置にマウント(笑)
これと同じ構造は同サイズだと他にAYKスーパートレールとニチモルミナスしか知りません。

インターセプター006
シャフト駆動です。しかもこれもセンター。さらにバッテリー縦置き。
モーターとペラシャがセンターなのはルミナスもそうですが、あちらはバッテリー横置きなのでメカスペース等考えるとよく収まってるなーと思います。

インターセプター007
外見は悪くないんですが(ちょっとデブいですが...)、問題は駆動系の重要な箇所がプラ製ということです(汗)
まずいところ列記。

●モーターを支えるパーツがグラグラする。
●スパーギヤが片持ち。ガタガタします…
●デフ内ベベルギヤがプラ製。
●デフベベルとデフカップとの接続はスプライン。
●ホイルハブもプラ製。さらにアクスルとの接続もスプライン...

こういう駆動系のスプライン多用はパワーソースが貧弱ゆえに許された造りですやね・・・
今走らせたら相当遅そうですのでこの辺は何とか強化したいところです。

多分つづく。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angelphobia/50814014