2008年01月06日

イグレス紹介

タミヤ「イグレス」 (Tamiya Egress) 1989年06月発売 44000円
イグレス001イグレス003
タミヤバブル絶頂時の成金バギー(笑)イグレスの紹介です。
このイグレス、位置付けとしてはタミヤのハイエンドなのですけども、正直他社ハイエンドマシンとの性能の差は歴然で、レースではいまいち成績を残せなかったのです。
しかしながら初代アバンテから継承する縦置きモーター&プロペラシャフトによる四輪駆動方式はのちのちシャフト駆動の本流を作り上げる源流のひとつとなりました。

当時としては驚くべき価格設定(44000円)で売り出され、子供の目からすればそれはまさに高嶺の花でした。
フルベアリング、フルチタンネジ、前後ボールデフ&トルクスプリッター装備。
メインシャーシはカーボンダブルデッキ、とまさに豪華絢爛な内容。

とはいえ色々直すべきところもあるので少しいじります。
イグレス004
ステアリングロッドが非常に細くて長くさらに途中で曲がっているため、現在のトルクの太いサーボでは曲がりかねませんので真鍮のパイプで覆って強度を上げています。

イグレス010
フロントショックタワーも弱くて真ん中からねじれるので、太いものを自作しました。

イグレス011
装着したところ。

イグレス012
そして足回りで真っ先に壊れるのがナックルなのです。
もう3回ぐらい砕けました・・・
絶版品をその都度調達するのもたいへんなので、思い切ってワンオフで削りだしてもらいました。
MCナイロンというひじょーに硬い素材らしいのでこれで砕けることはなくなるでしょう。
(ちなみに10数人で頼んだので左右1セットで5000円程度で済みました)

イグレス007イグレス006イグレス008
走行中のイグレスなど。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angelphobia/50808224