2008年01月01日

カエルの前足基部を補強

マイティフロッグ025
アームをTBエボの足などにまるっと取り替えると、フロッグのノーマルの根元のアルミパーツが、アームが左右に開いていく力に耐え切れずに曲がっていくんですね。
ここを強化するべくパーツを自作してみました。
FRPとプラリペアでモリモリと。

マイティフロッグ027
装着したところ。
コレで大丈夫・・・でしょう。タブン。

マイティフロッグ032
あとは長めのサスピンにかえてタイラップで左右が開かないように留めてみたり。とりあえずこれでトラブルはなくなりました。

もし足換装をやったらアルミパーツが曲がったぞ!というひとがいらっしゃいましたら試してみてください。
  

カエルの後ろ足を強化

マイティフロッグ024
以前から気になっていたわけですが、リヤダンパーの付け根をFRPの板から切り出した板切れで強化しました。ここデフォだとクニャクニャなんですよね。
FRPの板一枚で劇的に変わるのでお試しアレ。
  

カエルの足を現代風に

マイティフロッグ020
かねてよりフロッグのフロントがぽんぽんハネるのを何とかしようと思っていたわけですが、結局まるまるとっかえることにしました。
なんせノーマルの足なんてミニシャーシより短いですからねえ・・・(ハブキャリアがでかいんですな)
まあこの辺は一応ダブルウィッシュボーンとはいえ時代の流れを感じます。

マイティフロッグ016
とりあえず汎用の足がつくように支持部の穴をなんとかします。
ノーマルの状態で 4mmの穴が空いているので、なんとかして3mmにしないといけません。
で、これ。
アバンテのフロントダンパーのブッシュベースなんですがねこれ。
ちょうどフランジがついてるし内径3mmなのでありがたく使わせてもらいます。

マイティフロッグ017
外形が4mmちょっとあるので少し穴を広げてやってネジロック剤などでぴったりくっつけます。
瞬着の方が良い気がしてきた・・・まぁいいやメンドイシ。

マイティフロッグ
で、オフ用の足は長すぎてフロッグっぽくなくなるのでその辺に転がっていたツーリングカーの残骸から足を移植しました。(※TBエボなんかの足がベターかも?なるべく柔らかい方が良いようです。)

当然ちょっと間が空くので適当にスペーサーをかませました。ハブ&ナックルはダイナストームから拝借。

マイティフロッグ018
このようにぴったりんこ。

手で押してやった感想としては「これほんとにマイティフロッグか!?」と思うほどスムーズに沈みます。そりゃあたりまえですが。(別物だし)

マイティフロッグ022
ノーマルとの比較。
  

カエルのボディ固定方法案

マイティフロッグというやつはボディを左右にグワーとひっぱってハメこむと言うなかなかにムチャな構造をしていまして。
長くボディを持たせるにはやはりこれをなんとかせんといかんな、と思いました。

マイティフロッグ005
で、これ(ただのアンテナパイプ)。


マイティフロッグ006
こいつを元来ボディピンが捻じ込まれる所に突き刺して反対側まで通すわけですな。
この写真では分かりやすくボディを被せてませんが、実際はボディを乗せてから突きとおします。

マイティフロッグ007
こんなかんじ。